鍛冶屋三姉妹



かまたきみこ先生の漫画「KATANA」から
刀鍛冶になることを夢見る三姉妹を立体化です。

左から順に 「次女 しのぎ」 「三女 きたえ」 「長女 すぐは」


日本初(たぶん)の刀鍛冶フィギュアです。





長女 すぐは
まじめで責任感が強い長女さん

結び目は、「叶結」をくずした感じにしてみました。
髪は青系の黒です。

クールな瞳は青系にしました。
リップはちょっと赤みがあるピンクです。

輪郭はほかの2人に比べ、面長だったりします。

足袋は緑地に和柄(っぽい)が入っています

髪を留める組紐は木綿糸をちくちくと組みました
手甲にはラインストーンを模した点々。
先にはネイルアート用のきらきら模様。

フィギュア用ラフ




次女 しのぎ

ほんわか〜な次女さん 

バルーンボブでピンクベージュな髪。

肌の色は皆より色白になっています。
瞳は深い緑色にしました。
ちょっとたれ目で、睫を多めに描いています。

リップはグロスをおとしてつやつやピンク。
猫口かわいい?
足袋には手甲と同じフリル。
後ろはリボンで真珠の飾りが付いています。

三姉妹の塗装にはパールをちょっとだけ混ぜてあります。
光があたると、きらきらしてきれいですよー。

手甲にはピンクフリルとハートマーク。
ホワイトパールでネイルを描いてあります。
(よく見えませんね;)
フィギュア用ラフ



三女 きたえ

三女さんは元気いっぱい高校生

いわゆる「あほ毛」
強いくせ毛です

猫っぽい目。
きりりな瞳は茶色にしました。
リップはベージュピンク。

足袋は紺地に和柄(っぽい)が入っています

手甲にはうさぎのアップリケ


右手のうさぎはちょっといたずらしました。
小兎亭っぽい わっるーい顔。
(槌と比較してもらえば大きさがわかるでしょうか。)
フィギュア用ラフ



その他

スタンドは、刀の「茎」をイメージしています

向こう槌は原型を作った後複製です。
ちなみに頭と柄は取り外せます。
向こう槌の大きさはこのぐらい。
いつもの爪楊枝で比較です。





三姉妹フィギュアはワンオフでの製作です。
複製していませんので世界で1体ずつのフィギュアになります。


今回大変だったのは「向こう槌」や「袴」などの、専門的な部分の細かいところの形です。
フィギュアは7センチ程の大きさのため、適度デフォルメするのですが、
ちゃんとした形が頭にないまま作ってしまうとやはりしっくりきません。
(あたりまえなのですけど・・・)

ネットを彷徨ったり、本屋の店員に無茶を言ったり
大型のホームセンターに行って大きな金槌を触ったり
作り始める前の情報収集が以外に難儀しました。

細かいところが”らしく”見えていればいいのですが。



また、今回、服飾や色指定など三姉妹に関する資料は、
かまた先生ご本人からいただきました。
(ほとんど「作りやすい様におまかせで」ということで
自由にさせていただきましたけど。)

製作を進めていく途中、装飾(フリルとかウサギマークとか)は、
「地の色をもって省略」という指定だったのですが
先生から「実はこれはこうなっていますよ(ふふふ)」という 含み笑い 説明を伺ったので
できるだけ再現してあります。
(資料はなかったのですが、そこはイメージとアレンジで)

こちらも”っぽく”見えていればいいのですが。





(コミックマーケット80にて、サークル「鍛冶屋ふぁみりー」様に嫁いでいきました)


もどる