うさぎのリングホルダー

うさリンをお買い上げいただいた方向けのメンテナンスページです。

うさリン
ロップリン
ぷちうさリン
諸注意
指輪を掛けるときに気をつけること
うさリンの構成部品
ぷちうさリンの構成部品
首が回りすぎる・抜けやすい
首の軸のサイズ
口が開きっぱなしになった
足が取れた!?・耳が取れた!?
ぷちうさリンの口を換えます


諸注意 ・本品は塗装しています。表面を強くこすったり爪を立てたりすると、色落ち色移りする場合があります。
・小さい部品がありますので、お子様が飲み込んだりしないよう十分お気をつけください。
 特に、ぷちうさリンは口パーツが2つ付いていますので、取り扱いに注意をお願いします
・もちろん、うさぎにも咥えられないように注意してください
・高いところから落とさないでください。耳や足が取れる可能性があります
・移動するときや持ち上げるときは、体を持って動かしてください。
・本品は樹脂製の観賞用塗装済フィギュアです。本来の目的以外では使用しないでください
・本品のご使用は自己責任でお願いします。本品を使用されて起きた損害等は責任を負いかねます。
指輪を掛けるとき ・なるべくシンプルな指輪でご使用下さい。
・鋭利な装飾や大きい石がついている指輪で表面がこすれてしまうと、塗料がはがれて指輪につく恐れがあります。
ただし、塗膜は乾いていますので色移りするわけではなく、塗料粉が付着すると思います。
その場合は、日常の指輪のお手入れ同様に掃除していただけば大丈夫です。
・うさリンとロップリンで、口の部分にかける場合は、極々軽い指輪のご使用をお願いします。
うさリンの構成部品 うさリンとロップリンは「頭」「口」「体」「首の接続軸」の4つのパーツで出来ています。
はずすことが出来ますが、必要以上にはずさないでください。
ぷちうさリンの
構成部品
ぷちうさリンは「頭」「むむ口」「ほけ口」「体」「首の接続軸」の4つのパーツで出来ていています。
口を換えるときは頭をはずすことになります。
首が回りすぎる
抜けやすい
・首の接続軸と穴が緩んでいます。
 首の接続軸に「木工用ボンド」か「手芸用ボンド」を軽く一回り塗ると、きつさを調整できます。
※ボンドを塗ったら必ず乾かしてください。

・あまりに緩すぎるか、首の回転を半固定にする場合は、両面テープをくるりと一回り巻くと良いです。
首の軸のサイズ ・首の軸は直径4mmです。
・万が一折れた場合は4mm径の木の棒が代用できます。
(いちばん身近なところだと”割り箸”を径に合わせて削ると簡単です)
口が開きっぱなしになった 口の稼動軸が緩んでいます。
稼動部分の軸棒に「木工用ボンド」か「手芸用ボンド」を軽く塗りこむと、きつさを調整できます。
※ボンドを塗ったら必ず乾かしてください。

※ボンドは穴のところについても大丈夫です。


・口の開き方を固定にする場合は瞬間接着剤を点付けすると良いです。
足が取れた!?
耳が取れた!?
高いところから落とすと耳や足が取れる場合があります。
そんなときは瞬間接着剤で再接着することができます。
接合部が色が違って目立つときは、アクリル絵の具などで補修すると良いです。
ぷちうさリンの
口を換えます
体から頭を引きぬきます。やさしく抜いてください。
接続軸を取れば、ついている口もそのまま外れます。
きつくて外れにくい時は、先尖り綿棒を口先の隙間にしずかに差し込んでゆるめてください。
※はずした別口はなくさないように注意してください


もどる